スマホに夢中になるのは若者だけではない。

今年67歳になる母が初めてスマホにしてから、1ヶ月くらい経ちました。使い慣れていないはずのスマホ、しかし母は今スマホに夢中です。面白いゲームがあると言い、全くスマホでゲームをしない私に点数で競おうと言い出しました。

そしてLINEを始めLINEスタンプにハマり、SNOWにハマり、挙句の果てにはTwitterまで始めました。

「フォローしてよ」というので母のアカウントをフォローしてあげたら、「きゅうりをもらった」「今日はツナサラダ」「パパが帰ってこない」等、有り得ないくらい鬼ツイートしていてびっくり。タイムラインに母のツイートばかり次々と表示されます。

そして「娘がパソコンばっかりやっていて構ってくれない」というツイートまで…。ちょっとイラっとしたのでミュートしていたら、彼氏の家にいる私にLINEで「私のTwitter、見てないの?」とメッセージが来ました。

「見てます」と返信したところ「リプしてよ」と即レスが来て驚愕してしまいました。「リプ」ですって?どこで覚えたんでしょうか。

とりあえずTwitterを開いてみると、私の3ヶ月前のツイートを母がリツイートしていたり、私宛に「LINE返して」等とツイートしていて、もうなんだか面倒くさくてどうしたらいいのか分かりません。

彼氏に母のツイートを見せたら大笑い。「また娘がネットで何か買った、とか呟いてるよ」と言うので、憔悴し切った私は「うん、知ってる」と答えました。私の生活が、Twitterで全世界にバラされております。

面白がって彼氏も母のアカウントをフォローしてしまい、これで24時間監視体制が出来上がりました。もう、下手な事は出来ません。家の中でもバスの中でも、とにかくずっとスマホ中毒のうちの母。

ヒマがあればツイート、それかLINE。SNOWで自撮りをし、可愛く撮れたとツイート…。ああ、スマホが楽しくて、夢中なのは若い世代だけではないのだと、良いお勉強になりました。うちの母だけでは無いのかも知れませんが、年甲斐もなくいい加減にしてほしいというのが、娘としては正直なところ。

しかし。誰がTwitterやらLINEを教えたのか全く分かりません。もう年齢的に女子じゃない癖に、「女子会」と称して出掛けるお茶会で、お友達にでも教わったのでしょうか?お母さま、お願いです。

私の事をツイートしないで下さい。「娘が生理かも。機嫌が悪い。」等というツイートは本当に止めて下さい。彼氏にからかわれるし、疲れるし、でも本人が楽しそうだから、これで良いのかも知れません。とりあえず、我が家は今日も平和です。